1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages

17.Apr.05

ダフ自伝所感とDJ告知

先日、日本語訳で発売されたGUNS N' ROSESのベーシスト自伝「ダフ・マッケイガン自伝」を読んだ。





ダフのベースはキッズの頃たくさんコピーしたし、好きなベーシストの一人だったので読むのが楽しみだった(ニッキー・シックスも大好きなのだが、彼のベースのコピーはほとんどしたことがない。アイコンなので!笑)。





そして、俺がキッズだった頃にはGN'Rこそが、ダフこそが、パンクロックのフィルターであり、HR/HMとパンクの架け橋となった。





余談だが、当時俺が十代の頃、HR/HMを演奏するバンドとパンクを演奏するバンドの対立みたいなものがあり、俺は前者だったのだが、「メタル!メタル野郎〜」と野次ってくるパンクの連中がいた。しかも奴らはライブ小屋で対バンの機材を盗む最低な輩たちだった(俺も機材を盗まれた)。




ファック・オフ!

しかし、俺らにはGN'Rが、Motleyがついている。

ドールズも知らないようなパンクと名乗る窃盗集団には静かに腹を立てていた。

550円の時給でバイトして貯めて買った機材をパクった怨念は一生忘れんぞ。

まじ余談。















ざっくりと本の内容は、お互い全盛期でいて、ボロボロの状態だったというカート・コバーンとシアトル行きの飛行機内で絡みがあったことを告白するところから物語が始まり、生立ち、音楽の目覚め、GN'R結成、全盛期、退廃、起死回生、VR結成、LOADED活動開始というところまでの内部事情を結構オープンに書いてくれているのだが、面白すぎてアッと言う間に読み切ってしまった。





興味深かったのが、ダフはパンクイメージが強かったのだが、意外にもR&Bやファンクからの影響も大きかったということ。





ダフがプリンス好きなのは知っていたが、まさかスライやキャメオ等のファンクバンドの影響まであるとは思わなかった!





俺個人のことで言うと、パンク、ビートパンク〜HR/HM、グラムと影響を受けてきて、パワーポップバンドでインディーデビュー...。



ところが、あまり公言していなかったのだがファンクにハマった時期があり(スライ、Pファンク、キャメオ、スヌープ・ドギー・ドッグ等のファンク!)、指弾きのチョッパー奏法時代があったのだが、ナゼか積極的にその影響を公言することは控えていた。



最近、俺数年ぶりに「APPETITE FOR DESTRUCTION」のベースを弾いていて、やたら16でファンキーだなとTwitterでつぶやいたことがあったのだが、それも謎が溶けた。



「ああ、通ってきた道は間違っていなかった!」と。



ダフの発言に背中を押されたので、今後は自信をもってファンクからの影響も声出していこうかと。





Get The Funk Up!!!!























あとは、1991年、1992年とGN'Rが巨大化するにつれ生じるメンバーの確執とドラッグ問題。

俺が初めて1992年に見た東京ドームでの来日公演、内部は本当に凄まじかったんだなと...雑誌等で読んだりはしていたが、ここまで凄まじかったとは...。

その当時のガンズを目撃することが出来て本当に貴重な体験ができたのだと思った。





そして、ダフの身体が悲鳴をあげてからの起死回生!

格闘技で身体をデトックスし、さらに大学に入学して経済学を一から学び...。

そこからの彼が取り組んだことのストイックさといったら並大抵の努力では出来ないのでは!?





これは所感だが、所謂オタクレベルで音楽に、そしてアルコール等にドハマりする人というのは、他のことをやっても同じくドハマりしてしまうようなものなのかもしれない。
集中力が高いというか、オタク気質というか...。

その高い集中力故に、それに応じた結果がついて来るという感じで...。





とにかく、この「ダフ・マッケイガン自伝」は、GUNS N' ROSESのベーシストを背景として読むのも良いが、ある種、成功、挫折、復活を経た、振れ幅の大きいある漢の物語として読んでみるのもありなのかなと思ったりした次第で。







ある場所ではロック・スター。

しかし、ある場所では無名の学生。

世の中は広い。

そんなもんなのかもしれない。







非常におこがましいが、ダフの物語は、この数年で周囲の環境ががらりと変わってしまった自分にも当てはまる部分があり、目頭が熱くなった。





「は?バンド?流行ったよね〜」

「僕も昔バンド組んでたことあるけどね〜」

「やっぱB'zとか好きなの?かっこいいよね!」







少しばかりロックバンドでチヤホヤされた時期があったとしても、人生賭けてバンドをやってきたとしても...。畑が変わればそんなもの。

誰も俺が音楽でやってきたことなど知らないし興味もない。

その畑で俺が新たに何を目標として、何をするのかということになる。







本当は誰の人生も楽なんかじゃない

でも、それを乗り越えていかないといけないんだ

(「ダフ・マッケイガン自伝」帯より抜粋)









ロック・スターには憧れるが、それも単なる職業の一つ。

俺も腐っても、ロックンローラーのはしくれのはしくれ。

リアルな日常を転がることに精一杯力を注ぐのだ。







そんなロックンローラーのはしくれのはしくれがDJで参加するイベントの告知!!!

ケニーの主催するロックンロール・クラブイベント「ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY」で好きな曲をかけまくります!

ダフ熱覚めやらぬうちにダフ関連選曲でも良いかな...??

いや、やっぱその時のノリで決めよう。







詳細はコチラのヘフナーがイカしているフライヤーをチェックしまくってくだされ!







20170520_front.jpg








20170520_back.jpg

17.Feb.06

「趣味:B-T」

昨夜はBUCK-TICKのライブを見になんばハッチへ。

今年で30周年を迎えるB-Tのライブはイワズモガナ!
最高すぎた!

開演直前はPIG、RCサクセション、トレント・レズナーがカヴァーする「移民の歌」等、今井さんのセレクションと思わしきSEが流れ、会場がだんだん"その気"に。

セットリストは昨年9月にリリースされたアルバム「アトム 未来派 No.9」からの曲をメインに、ここ4,5年内にリリースされたアルバムからの楽曲をまんべんなく混ぜ込む感じ。
昔のヒット曲に頼らず、常に最新の自分らで見せてくれるのがすごいところ。

ライブはスタンディングだったのだが、気がつけば俺もすっかりキッズになって前の方に行ってコブシをあげていたのでした。


「進化しながら深化し続けるB-T!」
...とは、まさに!(一時期、某CDショップでバイトしていたときに書いた店内ポップのキャッチ。笑)


貫禄ありありのすばらしいステージだった。


何度かどこかで書いたことがあるが、とにかく俺が小6(1987年)で、楽器も手にとっていなけりゃ、バンド組もうなんて思考もない子供の頃から聴き続けているバンドだけにもはや生活の一部というか、好き嫌いも比べられない存在というか、「趣味:B-T」みたいな感じ(当時は亡姉の影響でBOOWY、ラフィン・ノーズ、セックス・ピストルズ、スター・クラブ、ブラック・キャッツ、キャデラック、アナーキー、レベッカ、ハウンド・ドッグ、マドンナ等...刺激的な音楽が一気に耳に飛び込んできた。その中にBUCK-TICKも混ぜ込まれていた。聴かせてくれた亡姉に感謝)

この先もきっとずっと。
なんというか、子供の頃からの好きが今も続いていて、色褪せてないってのが良いのかもしれない。








今年に入って1月、2月と素晴らしいライブを立て続けに見れて良い充電になった。



自分はとにかく音楽が大好きだ。
無類のロック好きだ。
音楽以外の趣味がパッと見当たらない。







Got Some Attitude !!!!!!!
置かれた位置で、自分らしく。








ロックンロール勝利の日まで。

17.Feb.02

GN'Rダム決壊&告知

GUNS N' ROSESが奇跡のラインナップで来日という目出度い1月がアッと言う間に過ぎ去り...2月!

ダムが決壊したかのごとくGUNS N' ROSESを聴きまくっている。
とにかく余韻がハンパないのだ。

アクセル、スラッシュ、ダフのフロントが揃ったライブを見たのは1992年に初めてGUNS N' ROSESを体験した東京ドーム公演以来。

1992年当時は俺16歳で、学校終わってソッコー東北新幹線ライドオンで東京に向かい、終演後はモチロン新幹線走っていないので、新宿のオールナイト映画館で朝まで過ごし、翌朝始発で新幹線帰宅...そして登校...という生涯忘れられない体験をしたな...余談!

それからオリジナル・メンバーはアクセルのみというGUNS N' ROSESも3回見ているが、やはりアクセル、スラッシュ、ダフのいるGUNS N' ROSESはあの時と寸分も変わらぬかっこよさで無敵のオーラを撒き散らしてくれた。
席は俺一人だけだったが、拳あげて合唱しまくった。
本当に良いライブだった!



今回俺が見たのは大阪公演(京セラドーム)のみだったのだが、ニュースやSNSでの盛り上がりや、アップされる写真や動画などを随時確認しながらその雰囲気を自分の体験に照らし合わせ、またライブに行った気になり、改めてその奇跡を噛み締めていた。
そして、よくあるリユニオンのそれとはまったく違った、2017年の現在進行形バンドだということをひしひしと感じた。
まだまだツアーは続くだろうけど、この先の展開に期待大!!!!



...実を言うとここ数年、意識的にGUNS N' ROSESを聴くのをやめていた。
思い入れ強いバンドだし、色々思い出して辛かったりするので。


しかし、今回でダム決壊。
聴きまくっている。
やはり俺の中にはこの男たちのロックンロールが必要だ。



20170121greed.jpg
2017年1月21日、ドームに向かう前に東心斎橋GREEDに寄り、楽しみにしていたスカジャンを購入。
悶絶すぎるまさかの「般若2フェイス」刺繍!
着るのが楽しみ!

20170121_withkenny.jpg
ドームまではケニーと一緒に。席は別々。
別れる前にパチリ!(ツーショット写真はShout At The Kennyより拝借)



この日はGUNS N' ROSES後にケニーのイベント「ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY」でDJ!
毎年1月恒例の「JPOP CARNIVAL」ということで大いに盛り上がる!!!!



そしてそして告知!
来月もあります「ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY」!
MADTOYZ19周年スペシャル!!!!

20170318_front.jpg

20170318_back.jpg

ROCK'N'ROLL HERE TO STAY

MADTOYZ 19th ANNiVERSARY Special!!


★GUEST LIVE & DJ

FAMILY CONTINUE(MC8bit & FAMICO-MAN)


★GUEST DJ

KNUCKLE(LITTLE CHOP DESIGN)


★DJ

KENNY(GREED

フクモトヒロスケ(GOOD ROCKS!

MAR & HERO(THE BROTHELS

FUZITA(GREED CRUE)

TARO(SPIDER CABINETS

カワセタケオミ a.k.a.KEN-SiN(strawberry/The CREATUREZ)

and MORE...



日時:2017年3月18日(土)22時KICK OFF

入場料:2,000YEN(Plus/1DRINK)

場所:CLUB STOMP

〒542-0083

大阪市東心斎橋1-13-32宝ビルB1F

TEL 06-6245-0889


TOTAL INFO:GREED 

TEL 06-6251-7819



この日も豪華ゲストに加え、入場者先着でプレゼントがあるようです!

是非お越しを!!!!!







ロックンロール勝利の日まで。

16.Dec.31

ざっくりと振り返る

2016年大晦日。


当ブログはバンドマンとしての日記なので、音楽的なことでざっくりと振り返ると...。



◆The CREATUREZ の活動が始まったり、知人に声を掛けて頂きライブやスタジオでベースを弾いたりと、不定期ではあるが音を出せる機会に恵まれた。


◆ヴィンテージのキャビネットを手に入れ、憧れの上下マーシャル装備となりテンションあがる。


◆strawberryとしては、ほとんど活動出来なかったので来年はコマ進められたら良いと思う。



ざっくりすぎるが、大きくこんな感じでした。



2015年後半からの余波で、今年は色々ありまくった。

特に前半は暗黒面が強く影響して自暴自棄になったり(ヤク年云々については前回のブログに)...。



しかしながら、仕事や諸々で時間制限ある中、バンドマン的な動きができて幸せだと思います!


取り巻く状況は時とともに変われど、続けていくことに意味があるのだと!

来年もどうかよろしくお願い致します!




人生楽ありゃ苦もあるさ、である。




あと数時間で2016年が終わり、2017年が明けますが、ワタクシ世間的に「喪中」になりますので、新年の挨拶は控えさせて頂きます。





Good-Bye 2016!!!!!

Keep On Rockin' !!!!!

16.Dec.28

2016あと3日

2016年も残すところあと3日。


あと3日で忌々しい「本ヤク」から抜け出せるのだ。





人からよく、「ヤク年には気をつけろ、自分に何か起こりやすい時期だから」と言われていた。


また、「自分に何もなくとも、自分の周りの人間に何かが起こったりするから」とも。



世間一般的に「ヤク年」とは良くないことが起こりやすい年とされているからだ。











もれなく、自分にも周りの人にも何かが起こった年であった。


でもその「何か」は良いことでもあったし、悪いことでもあった。


生きてりゃ良いことも、悪いことも沢山ある。

「ヤク年」に限ったことではない。




...と思ってみたりたりする。













2016年も残すところあと3日。

2017年は「後ヤク」というのが待っているらしい。




生きてりゃ良いことも、悪いことも沢山ある。

「ヤク」に限ったことではない。








生きてこそ。







ロックンロール勝利の日まで。











bagg.jpg


P.S
初めて聴いたRCサクセションは「BABY A GO GO」。
初めてがなんとラストアルバムでした。

ザ・タイマーズがこの少し前に出ていて、そのイメージやこのアルバムのサウンドから、RCって結構フォーキーな感じが多いバンドなのかなーと思っていたら、他のアルバムはドカドカうるさいR&Rバンドでびびったという。
時は1990年、ワタクシ中3でした。

今でもよく聴く大好きなアルバムです。
Yes, I DO LIKE YOU
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages