1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages

16.Sep.23

曼珠沙華

最近めっきり涼しくなってまいりました。

「暑さ、寒さも彼岸まで」とは、よく言ったものです。
雨降る毎に気温が下がってまいりました9月下旬、2016年のお彼岸も間もなく明けようとしております。





お彼岸の時期と言えば曼珠沙華(ヒガンバナ)が咲く季節です。
...とは言っても、ワタクシの生まれ故郷福島ではそんなに見かけた記憶がなく、関西に移住してから秋彼岸に咲く...しかも、ナゼか各所同じ時期に一斉に咲く "鮮やかな朱色の不思議な花" という印象でした。



不思議に思い、少し調べてみると...。



曼珠沙華は、花が咲いている間は葉が出てこないため光合成が出来ないらしく、栄養分を作ることが出来ません。

しかも、曼珠沙華は種子を持たず、球根で増殖するのだそう。
花が枯れた後に葉が生え、冬の間光合成をして球根に栄養分を貯蓄し、次の季節に備えるのだとか。


球根で増殖と言うことは、クローンということにもなるわけで...。
故に、各所一斉に咲くようなのです...。




なんと!不思議な花だろうか!




しかも、この曼珠沙華は大昔に中国から持ち込まれたそう。
種子を持たないワケですから、今曼珠沙華が咲いている場所へは、持ち込んだ誰かが「そこに」球根を埋めたから...と言うことになります。
しかもその球根には毒もあって...。



きっと昔の人は意味あって「そこに」植えているらしいのですが...墓地や川べりに咲くことが多い曼珠沙華。
またの名を、捨て子花や死人花とか...うーむ、ミステーリアス!
妄想しだすとキリがないので曼珠沙華の続きはまたの機会に。

ここ数年で年間行事をやたら意識するようになったベースマンでした。




manjusaka.png



それはさておき、先日17日はケニー主催のロックンロール・クラブイベント「ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY」でした!


ワタクシはThe CRATUREZでベースを弾きました!
今回は遂にマイ・アンプ登場!
ギブソン・アンド・マーシャル!
かっこ良すぎるでしょう!
ブイブイとゴキゲンなベースサウンド鳴らしてくれました!



myweapon.jpg
1997 Gibson Thunderbird & 1975 Marshall Super Bass
曼珠沙華の如く朱を放つマイ・ウエポン







そして、今回からSpider CabinetsのタロウがVo.Gtで加入!
サポートドラムも同じくSpider Cabinetsからマーがビートを叩き出してくれます!
嫌でもロックンロールしか奏でられないメンツとなりました!


20160917_thecreaturez.jpg

20160917_thecreaturezlive_01.jpg


20160917_thecreaturezlive_02.jpg


20160917_thecreaturezlive_03.jpg


20160917_thecreaturezlive_04.jpg



ライブ後は、KICK THE CAN CREWのMUCさんがゲストDJで参加!
さすがのカリスマでフロアを揺らしておりました!
自分のDJタイムも含め、思いっきり楽しんだ夜でした!


The CREATUREZは、ネクストライブも数本決まっております。

2016/10/22(SAT)堺 Goith
2016/12/11(SUN)岐阜 ANTS
2016/12/17(SAT)東心斎橋 CLUB STOMP


詳しくはオフィシャルツイッター @TCreaturez にて随時更新していきますのでチェックよろしくお願いします。



ロックンロール勝利の日まで。

16.Sep.06

The CREATUREZライブ!









いよいよ来週末!

9月は17日のサタデナイ!




KENNY主催のロックンロールクラブイベント『ROCK'N'ROLL HERE TO STAY!!』にて

The CREATUREZのライブです!




新曲も新カヴァー曲も増え、更にメンバーには新しい風が吹き込んだ今回のThe CREATUREZ!

新・新・新づくしで青春キラキラナンバーでパーティを盛り上げます!

ベースギンギンに弾きます!




そしてDJも!

ゲストDJにはKICK THE CAN CREWのMUC氏を迎えてのどうしようもなくロックンロールな空間でのパーティな夜!




ワタクシ、去年の九月からこのイベントに参加させてもらっていますが、楽しくなかったことはマジで一度もありません(記憶を無くしたことは何度かあります苦笑)!
















真夏の暑さも少し落ち着いてきたところで...










サマー・アゲイン!!!!!







◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇












『ROCK'N'ROLL HERE TO STAY!!』




★BAND

The CREATUREZ




★SPECIAL GUEST DJ

MCU(KICK THE CAN CREW)







★DJ

KENNY(GREED)

フクモトヒロスケ(GOOD ROCKS!)

MAR & HERO(THE BROTHELS)

FUZITA(GREED CRUE)

TARO(SPIDER CABINETS)

カワセタケオミ a.k.a.KEN-SIN(strawberry/The CREATUREZ)







日時:9月17日(土)22時KICK OFF

入場料:2,000YEN(W/1DRINK)

場所:CLUB STOMP www.club-stomp.com

〒542-0083

大阪市東心斎橋1-13-32宝ビルB1F

TEL 06-6245-0889




TOTAL INFO:GREED 

TEL 06-6251-7819 www.greedxxx.com



20160917_front.jpg

20160917_back.jpg


16.Jul.18

7/16 DJ SET LIST

7/16「ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY」at CLUB STOMPのDJリストです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 1. Speed King / Grease Helmet
 2. Skin O' My Teeth / MEGADETH
 3. Deceived / Red Dreagon Cartel
 4. Crazy Train / Ozzy Osbourne
 5. Smoke The Sky / Motley Crue
 6. Can't Have Your Cake / Vince Neil
 7. Wicked Stone / Slash Fert. Myles Kennedy & The Conspirators
 8. Moving Through Sound / Stevie Salas
 9. Undercover Of The Night / The Rolling Stones
10. デコレーションBABY / THE SLUT BANKS
11. ROCK IS DEAD / Marilyn Manson
12. Let's Go / SIXX:A.M.
13. Hell Or Hallelujah / KISS
14. Fire Your Guns / AC/DC
15. Hammersmith Palais / Demolition 23
16. Rock & Roll (Is Gonna Set The Night On Fire)/ Pretty Boy Floyd
17. Gluttony / Buckcherry
18. Raw Power / GUNS N' ROSES
19. Psycho Therapy / SKID ROW
20. ANGELA / Motley Crue

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

次回の「ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY」は9/17(土)です!
お楽しみに!




16.Jun.27

7/14 LIVE & 7/16 DJ

先日(と言ってももう半月ほど経ちますが...)、無事41のバースデーを迎えました。

想えば、ワタクシ21歳で田舎を飛び出して早20年が経ちます。
時間経過早すぎ。
紆余曲折しながら、今。
ほぼストレート・エッジのような生活を送りつつ、日々精進...。


「ああ、年取ったな」なんて口に出して言った瞬間から老けるんだ、魂は年をとらない...なんて確かダフ・マッケイガンが何かで言っていたと思います。
本当にそう思います。


確かダフは30歳位からアルコールもドラッグも絶っているはず。
ストイックでクールな男、ダフ。
かっこ良すぎます。


それはさておき。


まだまだ可能な限りロックンロールしていきたいと思います。


SNS等では皆さんから沢山のお祝いメッセージを頂き、また、サプライズでプレゼントも頂き...とても感激でした!
ありがとうございます!









そして、7月のライブ&イベントの告知です!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆










7月14日 (木)

高円寺 HIGH

"we are the beautiful!"

LINE UP

plant cell 

ariel makes gloomy 

sjue 

The CREATUREZ 

(Vo&Gt カトウタロウ/ex.BEAT CRUSADER. etc., Bass&Vo KENSHIN/STRAWBERRY, 

Gt Kenny/Creature From The Living.MADTOYZ) 




DJ/ume-rock(Sunday Monday) 




FOOD:神田お茶の水 三月の水

OPEN/START

18:30/19:00

ADV/DOOR

¥2,000/¥2,500

TICKET

high 店頭販売 6/14発売



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




この日は、The CREATUREZでのライブです!初の東京公演!
ちなみにKENSHINというのがワタクシです。


そして、7/16は隔月で出させてもらっているKENNY主催のDJイベント!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆









『ROCK'N'ROLL HERE TO STAY!!』







★DJ

KENNY(GREED)

フクモトヒロスケ(GOOD ROCKS!)

MAR & HERO(THE BROTHELS)

FUZITA(GREED CRUE)

TARO(SPIDER CABINETS)

カワセタケオミ(strawberry/ The CREATUREZ)







日時:7月16日(土)22時KICK OFF

入場料:1,500YEN(W/1DRINK)

場所:CLUB STOMP www.club-stomp.com

〒542-0083

大阪市東心斎橋1-13-32宝ビルB1F

TEL 06-6245-0889




TOTAL INFO:GREED 

TEL 06-6251-7819 www.greedxxx.com


20160716_front.jpg20160716_back.jpg

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆





皆で爆音浴びながら楽しみましょう!
ロックンロール!

16.Jun.08

最高の人生を!

先日(6/5)は、The CREATUREZ初のライブハウス公演でした!

詳しくは、KENNY日記ですでに書いてくれていますが...


とても楽しかった!音楽は本当に最高の気持ちにさせてくれます!

ノーナイブッシツ、カモンカモン!!!!



kenny1.jpg

kenshin.jpg

taro1.jpg

member.jpg

taro_kenshin.jpg

kenny2.jpg



このバンドでは、俺もコンポーザーとして創作しつつ歌ってもいるのですが、最近歌の奥深さに興味と楽しさを見出しています。

これまでも、strawberryやDRUNK FUXでメイン・ヴォーカルをとる曲はいくつかあったりしたのですが(ヘタクソながらも...汗)、歌を楽器としてみることがそこまで出来ていなかった気がします。

そして、何よりも日々酩酊状態だっただけに、物事に集中出来ていなかったのかもしれません(笑)

あとは、最近とくに「人生の残り時間」を意識するようになってきました。
やれることは今のうちにやっておきたい!...という気持ちが強くなってきているせいもあるのだと思います。


バンドや歌に関わらずですが、本当に、人間なんていつどこでどうなるか!
なんて予測できません。

現に俺だってまさか関西圏に移住して、今の生活を送ることなんてまったく予想していなかったことですから...。

楽しみながら、ドラマチックな人生にしていきましょう!!!!!









...なんて思っていた矢先。

minus(-)、ex.SOFT BALLETの森岡賢さんの訃報が。
また、偉大なる才能が旅立ってしまいました...。


SOFT BALLETはモチロン、ここ数年はminus(-)すごい好きで聴いていました。
minus(-)のライブも何度か見に行き、すごい良かったから次は妻に見に行って欲しいなと思っていました。

特に妻は俺なんかより大好きで毎日聴いていましたから...。
先日も、チケット予約延期のお知らせに「なんでだろね?」なんて言ってて...。






そもそも人生に「早すぎ」とか「遅すぎ」とかいう観念があるのかは謎ですが...。





早すぎます。






そういうの最近続きすぎてて...俺自身そこから徐々に復活してきたところだったのですが、また大きな喪失感。




人生とはなんぞや。

俺はまだまだ人生のタスクが残っておる。

色々超越して!まだまだロックンロールを!!

それぞれのエゴ・ダンスを!!!!!!










ロックンロール勝利の日まで。










 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages