1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages

16.May.24

5/21 DJ SET LIST

5/21「ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY」at CLUB STOMPのDJリストです。

こんな感じでした!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 1. Can The Can / SUZI QUATRO
 2. Beautiful People / MARILYN MANSON
 3. LITTLE WONDER / DAVID BOWIE
 4. MARZ / PRINCE & 3RD EYE GIRL
 5. ROCK AND ROLL / LED ZEPPELIN
 6. SHOUT IT OUT LOUD / KISS
 7. I WANNA BE SEDATED / RAMONES
 8. SHAKES / HANOI ROCKS
 9. DREAM POLICE / CHEAP TRICK
10. ROCK THE NIGHT AWAY / ZIGGY
11. LOVE & GAME / 氷室京介
12. JUST ONE MORE KISS / BUCK-TICK
13. Personality Crisis / NEW YORK DOLLS

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

次回の「ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY」は7/16(土)とのことです!

どんな感じにしようかな...。
今から楽しみです!

16.May.23

21日はライブでした!そしてネクストも!

21日(土)は「ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY」でした!

いつものDJ陣に加え、The CREATUREZのライブがメインにブチ込まれた贅沢なイベントとなりました!

今回のThe CREATUREZのドラマーは、strawberryで一緒にリズム隊を組むタムラ。
さすが、何年も一緒に活動してきているドラマーだけにお互いのタイプも把握しているので、当日のリハ〜ライブでもいい感じに仕上がったと思います!



20160521_thecreaturez_live.jpg



ライブの反省点をあげればキリがないのですが、とにかく楽しく!

それが重要。

タロウ君、ケニー、タムラ、そして目撃してくれた皆さま!

ありがとう!!!

ネクストライブも決まってきています。




両日とも今回のメンバーでやる予定です。

ライブはナマモノとよく言います!

バンドはライブを重ねる度にどんどん進化していきます!

是非この瞬間!

「ナマ」を味わいにいらしてください!
チケットのご予約も承りますので


thecreaturezlive@gmail.com



まで公演日、会場、名前、枚数を記載して送信してください!


ドシドシお待ちしております!!!!









16.Apr.22

The CREATUREZ ネクストライブ!

九州地方の地震により、3.11の震災、あの時私が東京で体験したこと、被災地となったふるさと福島の母と、姉と安否確認をとりあったあの日のことがよみがえってきました。
本当に大変だと思いますが、どうか頑張って欲しいです!



ここ5年位は、個人的に試練な出来事が多くて...。
大事な友人、愛する姉、偉大なるロックスター、それぞれの死をまだ完全に受け入れられていないような感覚もあり...。



ただ、このまま落ち込んでばっかりではまずい!



...暗くなっていく自分に危機感を覚え(笑)、考え方を改めました。





肉体は滅びても、原子のレベルで絶対にこの世のどこかの何かになって存在しているはず!
魂も存在している!そして、あっちの世界も絶対存在していて、そこで暮らしているはず!



と。



先日、姉の四十九日でしたが、ウチの一歳児が何もない空間に向かって笑顔で手を振っていました。
完全なる直感ですが、「あ、姉ちゃん来たな」と思いました。
ヤツの四十九日の時もそうです。「あ、来たね」と思いました。

子供はシックスセンス持ってるのかもしれません。
魂は、僕らを見てくれているんだと思います。
オーライ!見護っててくれよ!




しかしこの5年位!!!
楽しい出来事もたくさん!!!!!
遠距離ではあるけれど、strawberry の活動を続けられていることや...あ、私にとっての楽しみはたいがい音楽、バンド関連に偏るのですが(笑)


中でもここ最近、The CREATUREZを始動させられたことが嬉しいです。




logo2.jpg

The CREATUREZ pic.jpg

メンバーは、カトウタロウ君とKENNYという強力な布陣!

何の偶然か、全員1975生まれ。
同じ思春期とバンドブームを体験してきた世代です。
まだ、ライブは一回しかしていませんが、なんかイケているんです。直感的に(笑)




んで、早速ネクストライブが決まっているのですが、KENNY主催のDJイベント "ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY" で早速ワンマンです!


20160521_front.jpg

20160521_back.jpg


二回目にして大ボリューム!
現在楽曲鋭意制作中!
私も曲を数曲書かせてもらい、歌っています!



そしてそして!
なんと、三回目のライブも決まっております!!





このバンドの行く末を決めるのはあなた!
是非お越しください!









ロックンロール勝利の日まで。


16.Mar.24

ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY / The CREATUREZ

昨年から、DJで仲間にまぜてもらっているイベント「ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY」が先週末の19日開催されました!


今回は、KENNYのブランド「MADTOYZ」の18周年スペシャルということで、DJだけでなくバンドもありのロックンロールパーティ。


ワタクシはバンド「The CREATUREZ」でベースを弾きました!
メンバーはカトウタロウ君、KENNY、ひぐちしょうこさんという強力なメンツ!
当日初めてバンドで音出し&ライブという流れでしたが、そこはみんな流石プロフェッショナル!
まさかまさか、こんなスーパードラマーとリズム隊を組める日がくるとは...。
ベーシストとしては感無量!かなり気持ち良いリズムでした!



20160319_thecreaturez.jpg


20160319_thecreaturezlive1.jpg


20160319_kennyboy.jpg


20160319_thecreaturezlive2.jpg




で、今回はステージ衣装も上下ともCREATURE FROM THE LIVING
styling by-KENNYでキメてもらいました!



20160319 jmcredhot.jpg



前から気になっていた「JCM」と「RED HOT」!!!
発売当初、ネーミングだけで(笑)既に気になっていた衣装!
しかも上下でキメると、セディショナリーズみたいでかなりテンションアガります!
やっぱ「赤」は人をアゲるパワーあります(笑)

KENNYのブログで商品についての説明をしてくれているので、興味ある方は是非チェックしてみてください。


JCM


説明読むまであまり気にしていなかった所や、随所に散りばめられた「こだわり」を知れば知るほど、「CREATURE FROM THE LIVING」の魅力が深まっていきます!








ベースは15歳から弾いてますがまだまだ成長過程!
すげーテクニック重視してます!とかじゃないけど、やっぱり年重ねてくるとどんどん上手くなるし、常に「次こうしよう」とか「今度こうしたい」とか出てきて...テクニックではない何かが確実に上手くなっていってる...うーむ、やっぱ音楽はやめられないな!...となるワケです。やめるつもりも必要もないですが(笑)



そんなこんなで私、大阪に移住して四年が経ちました。
新境地でほとんど人脈がないところ、素晴らしいロックンロール仲間との出会いや演奏する機会を与えてくれたKENNYには本当に感謝しています!
まだまだロックンロールしていこう!



ROCK 'N' ROLL HERE TO STAY!!!!!





P.S
Primal Scream のニュー・アルバム "Chaosmosis"最高です!


chaosmosis.jpg



16.Mar.16

今週末!

3/19(土)はROCK 'N' ROLL HERE TO STAYです!
お世話になっているKENNYのブランド、MADTOYZが18周年!
個人的に思い入れ深いブランドです!

この日は、DJの他にベースも持参で行きます!
なぜなら、ベースも弾くからです!!



...激楽しみです!




20160319_front.jpg

20160319_back.jpg




★★★★★★





俺の近況、悲しい。悲しいが、悲しんでいてもはじまらない。
あなたたちを想えば切なく、苦しくなる。

しかし、きっと姉だって、奴だって、俺がそれによって塞ぎこむことなんて望んではいないはず。

きっと姉だって、奴だって、あっちで新しいロックンロールをはじめているに違いない、違いないんだ。
想えば想うほど、あっちの世界のことばかり考える。
きっと、あっちの世界ってのは本当に存在するんだろうな。



そう信じて、俺はこっちでロックンロールしていくのだ。
それしかない。
それしかない。





ふと気が付くと、明日から彼岸の入である。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  | All pages