11.Mar.28

GREED

3月下旬てこんなに寒かったっけ?てくらいまだ冬してるようなカンジです。
油断してカゼなどひかぬようしなければ...。

本日は、友人Kenny氏のブランド「GREED」からTシャツが届きました。
それはなんと、ANTHRAXのメンバーと共同制作したというチャリティーTシャツです!

cftl_anthrax.jpg
地元福島が大変なことになってしまい、こんな気持ちになったのは生まれて初めてかもしれません。
Kennyくん曰く、収益は完全100%寄付してくれるとのことで(素晴らしい!)、私自身微力ですが、このようなかたちで協力させていただきました!
このような動きが次に繋がっていくと信じて!

被災地の一刻も早い復興をお祈りいたしております。


★ANTHRAX、METALLICAのメンバーからのオフィシャルコメントもKennyブログで読むことができます。
Shout At The Kenny/I DO MY BEST!!


11.Mar.20

Michael Monroe/Electric Boys

マイケル・モンローとエレクトリック・ボーイズの新譜を購入しました。

cd_110319.JPG

エレクトリック・ボーイズは「ファンク・メタル」とはいわれてますが、エクストリームのようなカッチリ感やメタル感はそこまでなく、程よくルーズなロックンロールが混ざっていてイカしてます。
カラダ踊るファンキーグルーヴ、ザ・コニーワールドでしょう。
うーん、なんとなくスティーヴィー・サラス(昔結構ハマった)なんかもホウフツさせるな。
来日しないかな。ライブで体感してみたい。

余談ですが、先ほどエレクトリック・ボーイズの過去アルバムも聴こうかと、ひっぱり出してきたら、中にはナゼか「ブライアン・アダムス」のCDが...。そしてブライアン・アダムスのCDを開けたら「ドアーズ」が...。このループにハマるとやっかいなので、きちんと同じケースに戻しましょう。
脱線よろしく。



マイケル・モンローはバックバンドメンバーが最強すぎて、その時点でもうサウンドはOKでしょう!みたいに思ってましたが、聴いてみたらその予想を軽く上回りました。

メンバーそれぞれが曲ごとに作曲にクレジットされていますが、ほとんどの楽曲に携わっているのがジンジャーなもんだから、相当な「ジンジャーエッセンス」がモンちゃんの声とイイカンジで溶け込んで、「ポップ」かつ「ロックンロール」かつ「ゴツ」く仕上がっていて、このテのロックンロール好きの方には悶絶必至のサウンドなんではないでしょうか。
HARDCORE SUPERSTARとの来日も決定しているので、これは行くっきゃないです。





只今聴いておりますが、2枚ともサウンドに現役感バリバリ漂いすごく良いかんじ。


やれること、やりたいこと、目の前のことに関して歩みを止めてはいけないと思いながら、自分のケツを叩きつつ、テンションあげて毎日生きていこうと思います。

被災地の一日も早い復旧を願って。


11.Mar.17

20110317

毎日の余震に振り回される。
ソレに慣れはじめているところが怖い。

今日なんかは、大規模停電につき、電車の本数が激減するとのことで強制的に帰宅指示あり。
時は期末。追い込みの残務が気になりつつ、混乱の渦と化した駅へ。
新宿駅なんかは人がホームから溢れんばかりで、なにがなんだか...。

しかし、被災地で戦う方々に比べたらこんなものどうってことないです。

東京にいることで協力できない、ならば今自分に出来ることに精一杯向かい合おうじゃないか。
皆さんが言うように俺もそう思いますが、まさに!「目の前」と「向き合う」という単純なことが意外と難しく、そして大事なんだと考えております。

例えばこのブログ更新にしても、短時間で集中して文を買いてアップ作業をしてですね......

と、これは極端かつイージーすぎる例ですが、自分のやれること、使命に対して集中して、かつ真剣にやるということ...カタいな(笑)

考えだすとキリがなく、なかなか明確な答えは出ませんが、
明日もまた希望を持って、
前進できますよう...。



まあ、今宵はひとつ!
マイケル・モンローの最新PVがかっちょいいから、取り急ぎ試聴してくださいよ。

11.Mar.16

20110316

今日は、福島の姉から電話がかかってきたので会話した。

福島市は被災地からは少々離れているとはいえ、断水、停電の関係でもう6日も風呂に入れず(今はチョロチョロと復興してるよう)、追い討ちをかけるように原発問題、度重なる余震、そして、1日に2~3時間だけオープンするという食料を調達するためのスーパーは、商品がまばらでソールドアウトと同時に閉店するらしい...と、なかなか気を抜けない生活を送っているようでした。 でも、思ったより元気そうだったので(本当は不安だろうけど)、安心しました。

で、ばあちゃんは元気かい?と聞くと...

「戦争経験してっから何でもだいじょぶだぁ~、食うもんねがったらイモ食ってればいいべ」

と、たくましい感じだったようです。
安心しました。

とはいえ、まだ気をぬけないデイ・バイ・デイ。

20110315

原発がやばい。

福島の実家はまだ危険範囲には入っていないし、ソレは人体に影響はないレベルと報道されているが、実は報道できないだけで範囲拡大してる可能性だってある。
非常に恐ろしい。

「それほど緊迫感はないよ」

と、心配する俺に母はメールで言うが、非常に心配だ。
そんな「万が一」な状況のなか、明日もジョブに向かいます。

「それほど緊迫感はない」

そのくらい楽観的な態度がこの際必要なのかもしれない。

11.Mar.15

20110314

今日は色々な意味で少し東京が怖くなりました。

110314_01.JPGのサムネール画像
混沌とした朝。

11.Mar.13

20110313

地震で出身の福島が大変なことになっております。

その揺れは11日、勤務中にきたのですが、「最近時々揺れるからな...すぐ止むでしょう...」と、鷹をくくっていたらだんだん揺れは大きくなりシャレにならない状況に!
デスク下に潜りながら、生まれて初めてこの後の展開を覚悟しました。

当然ながら電車も動かず徒歩で帰宅しましたが、ハーフマラソンばりの自宅までの距離をドクターマーチンで歩ききる自信もなく、高円寺のロックバー「ナイスンイージー」にお世話になりました。
店を開けてくれたマスター&連絡してくれた2号さんにスペシャル感謝です!
ありがとうございます!

しかし、この期に及んでか女の子ナンパしてたり、この状況を楽しんでるようなヤツらがワンサカいた帰路途中の渋谷は非常にカオスでした。憤りを感じました。


取り急ぎ、仙台の友人の安否と親、姉妹とメールで連絡がとれて無事は確認できましたが、ライフラインがストップしていて大変な様子。
こちらで協力できることといったら節電と募金くらいかなと思い、実行しております。

被災地の方の悲痛な地元なまりを聞くたび、胸が苦しいです。
ただただ、祈るのみです。


明日は計画停電だし、ジョブは適度で切りあげよう。

11.Mar.11

ブ、ブ、ブ、

ブログの更新を怠っております。 が、存在しております。
よろしく哀愁。