14.Nov.30

SEX

Motley Of The Day




今日のモトリーは「SEX」です。



ブログタイトルに「SEX」ってかなり大胆(笑)
この「SEX」は2012年に配信限定でリリースしたシングル曲です。












うむ...「SEX」、モトリー節ですね。



2008年リリースの「セインツ・オブ・ロスアンゼルス」以降なカンジの雰囲気。
モトリー流ロックンロールです。









セインツ・オブ・ロスアンゼルス - モトリー・クルー




ハードロックとかメタルってゴチャゴチャと複雑なことやっていると思われがちですが、意外とモトリーってシンプルなんです。
そう、シンプルなロックンロールなんです。




ただ!




フツーに演奏してしまうと、フツーのバンドになってしまうので、そこはフツーではない演者が奏でることにより、モトリー・クルーになるんだと思います。
この曲だって、ヴィンスが歌うからこそ「SEX」でいけるというか。ヴィンスが歌うからこそ、卑猥でかっこいいというか...。
トミーのリズムでさえ卑猥に聴こえてきます(笑)

シンプルなロックンロール故にマンネリも感じることもあるかもしれないですが、それさえもブッチぎる勢いというか、パッションというか、本当にさすがな人たちです。





ライブでのセットリストは毎回あまり大きく変更しないモトリー・クルーですが、ファイナル・ツアーではこの「SEX」飛び出すんでしょうか!?





リリース当時はフリーダウンロードでしたが、現在は有料となっております。


Sex - Single - モトリー・クルー






SEX」を連発しましたが、モトリー史上において完全にヘビロテの一曲で良いかと思います。

取り急ぎ、「SEX」!


14.Nov.28

TEASER

Motley Of The Day



今日のモトリーは「TEASER」です。





1990年にリリースされたミニアルバム「RAW TRACKS Ⅱ(廃盤)と、1991年にリリースされたベスト・アルバム「DECADE OF DECADENCE(廃盤)に収録されています。


































内容については、ワタクシも仲良くさせて頂いております日本では最強と言って良いモトリー・クルー・ファンサイト「Crueheads a Go-Go」にて細かく記載されていますので、そちらを読んでください。



情報量ハンパないです!

マジでだいぶお世話になりました。





Crueheads a Go-Go















「TEASER」の原曲はトミー・ボーリンです。


















トミー・ボーリンは、1968年〜数々のバンドやレコーディングに参加したりして評価を得ていき、1975年リッチー・ブラックモアの後任としてDEEP PURPLEに加入するも約一年でDEEP PURPLEが解散。



その後トミー・ボーリン名義でセカンド・アルバムをリリースし、ジェフ・ベックのツアー前座で参加中、ドラッグのオーバードーズによりホテルで死去。

25歳の若さで逝ってしまい、「悲運のギタリスト」と呼ばれたりするトミー・ボーリン。



こちらは、1974年にリリースされた初のソロ・アルバム「TEASER」。

「悲運のギタリスト」に対して皮肉にも邦題が「炎のギタリスト」...。







最初にモトリー版「TEASER」を聴いたので、後から原曲の存在を知りました。

このアルバム、ハードロック、ロックンロールを好きな人は、絶対に聴くべき名盤だと思います。


















そして、こちらはモトリー・クルーの「TEASER」














Smokin' In The Boys Room」同様に、完全にこの曲をモトリー節にしてしまっています...(笑)。









ちなみに、トミー・ボーリンが1969年に在籍したバンド「Zephyr」もかなりカッコいいので画像をお借りして貼っておきます。

ジャニス的なハイトーンヴォーカルが心地良いハードなロックの中に、ジャジーやブルージーな要素が詰まってます。

こちらも名盤!
Zephyr (Deluxe Edition) - Zephyr




















やっぱりロックンロールは最高すぎる。












14.Nov.25

Les Paul Standard

レスポールが欲しい。
スタンダードが。




Bloomfield-Finish-Shot.jpg


ギターを欲しい!
...と思う自分が珍しいです。
取り急ぎ、妄想しときます。

14.Nov.23

GUNS N' ROSES / NEW YORK,NEW YORK

GUNS N' ROSESのオフィシャルブートレックが発売されていました。
その名も「NEW YORK,NEW YORK」となっております。






内容は、あのGUNS史上もっとも勢いのあるライブと評された1988年の「LIVE AT THE RITZ」です。


コレがMTVで放送された当時、中学生でした。
友人の家で録画した「LIVE AT THE RITZ」のVHS(画質相当悪し)を繰り返し夜な夜な釘付けで鑑賞していたのを思い出します。

このCDの「NEW YORK,NEW YORK」はかなり音質良好です。
あと、MTV放送当時の歌詞やMCの「ピー」音が入っていません。
「So "ピー" easy」とはなっていません(笑)

映像無しですが、アノ空気感パッツリと詰まってます!
これぞ、初期ガンズ!と言って良い名LIVEでしょう。

LIVE盤CDでイカすと思えるということは、良いLIVE盤ですね。
というか、ライブ映像を見すぎていたため、音だけで脳裏に映像が浮かび上がってきてしまうのかもしれませんが。


オフィシャルブートレックとはいえ、色々な権利関係か知りませんがいつ回収になってもおかしくないCDかもしれないので、今のうちにゲットです!




14.Nov.22

NIKKI SIXX STRINGS

Motley Of The Day


今日のモトリーは、ベース弦です。


何故にベース弦か?

そう、実はNIKKI SIXXモデルのベース弦がDEAN MARKLEYから発売されているんです。







実際に使用したことはないんですが、音云々よりもジャケットがかっこいいのでファンとしては持っておきたい!

みたいな感じです(笑)



肝心な音の方はどうなのか?



以下、商品紹介文より抜粋。


ニッキーシックス・シグネイチャー・ベース・ストリングスは、ディーン・マークレイの最新技術をつぎ込んで完成した革新的な弦です。楕円状の巻弦を芯線に巻きつけていく「Hyper-Elliptical Winding」によって、通常のワウンド弦よりもよりタイトで高密度に仕上げています。この「Hyper-Elliptical Winding」によって、より充実したブライトなサウンドとレゾナント・トーン(共鳴音)、滑らかなフィール、そしてロングライフを実現。他の弦とは完全に別次元の滑らかさとパフォーマンスを提供します。またフィンガーノイズが出にくいので、レコーディングにも最適です。



最新技術をつぎ込んで完成した革新的な弦ということです。 ワタクシ、約20年程DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL160SL一辺倒できたので他の弦の音はイマイチうまいこと言えないんですが、おそらく!おそらくですが、この弦をモデルにしているのではないかと。




DEAN MARKLEY ( ディーンマークレー ) / 2614ML



こちらの商品レビューを見ると「ギラギラしている」「アーニーより良い」的なコメントがありますので、おそらくギラギラしたアーニーボールよりも良い弦なんでしょう!(適当ですみません笑)

これを使用すればニッキー・シックスと同じサウンドが出るのか、良い音になるのかは定かではありませんが、とにかくファンとしては持っておきたい!

それだけです(笑)


で、探したところ現在は殆ど在庫を抱えているお店がありませ・・・




と思いきや、ありました。
イケベ楽器です。楽天の。









これ系は、生産限定かと思いますのでファン、コレクター、ベースマンは押さえておいた方が良いかと思います。
ワタクシもせっかくなので、購入しておこうかと思っています。


でもコレクター気質で開封しなそうなので、実際にはDEAN MARKLEY ( ディーンマークレー ) / 2614MLを買って使用してみたい。

そんな風に思っております。




ちなみに、ワタクシが約20年愛用しているベース弦はこちら。

DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL160SL


ブライトなサウンドですがジャンル問わずオールマイティで、価格も良心的。使い続ける理由があります。


ただ、最近は色々便利なベース弦も出ているようなので機会があれば試してみたいとは思っています。



取り急ぎ、ロックンロール。

14.Nov.15

Vintage Thunderbirdの音出せるかも?

なんと!
サンダーバード・ベース使いに衝撃の事実が!


ニッケルカバー付きの



ヴィンテージ・サンダーバード・サウンド



を再現したというピックアップが"MONTREUX"より発売されていました!


MONTREUX ( モントルー ) / 1964 Vintage Thunderbird Set with mounting rings

MONTREUX ( モントルー ) / 1964 Vintage Thunderbird Set with mounting rings




ピックアップ画像を見ただけで燃える!
という、ついにおかしな趣味を持ってしいました(笑)




...と、いうのもワタクシは「Gibson Thunderbird Bass」を、かれこれ15年程愛用しておりますが、はじめに購入したのはブラックカバーのピックアップを搭載した1996年モデル。 所謂「現行モデル」でした。


GIBSON ( ギブソン ) / Thunderbird IV Bass Sunburst



現行モデルもブッとい音が出て今もお気に入りのモデルなんですが('00年代のモデルは材質変わってるみたいです)、いずれはクロームパーツを搭載したヴィンテージの建国記念モデルが欲しいなと思っていました。




クロームパーツを搭載したヴィンテージ・サンダーバード、楽器屋さんで間近で見て以来トリコになっていたのです。





念願叶って、今ではヴィンテージ・サンダーバードを二本所有してメイン・ベースにしていますが、その当時のワタクシのクロームパーツに対する執着は半端なかったです。
それっぽいクロームパーツを見つけては購入し、現行モデルに無理矢理搭載していました...(無謀)。





故に、このピックアップ画像だけでアガるわけです(笑)

遂に発売されたのかと...(泣)




だって、1964年のヴィンテージ・サウンドを手持ちのベースに搭載することができるのですから!




MONTREUX ( モントルー ) / 1964 Vintage Thunderbird Set with mounting rings
しかもエスカッション付きですよ!!!!!
このフェチ具合、どなたか共感しませんか(笑)





すげー、音出してみたい!

今のところ、搭載する「空き」のベースはないけど、これはいずれ購入しておきたいなと思っております。






Have a Good Thunderbird Life!






14.Nov.11

BURRN!12月号

Motley Of The Day

今日のモトリーはヘビー・メタル・マガジン「BURRN! (バーン) 2014年 12月号 」です。
ニッキーが表紙ということで「Motley Of The Day」に加えました。



現在、Motley Crue / Sixx: A.M.の2バンドを平行して活動してるニッキー・シックスのインタビュー。

製作が長引いているモトリー・クルーの映画「The Dirt」の件についてや、モトリーの最期の挨拶についての美学、Sixx: A.M.の新作「Modern Vintage 」についてなど...。

とにかく先を見据えたポジティブなインタビューです。

ニッキーはとても時代に敏感で、センスフル。頭脳明晰なロッカーだなとつくづく思います。
単純なワタクシは彼の発言でパワーをもらいます。

何というか、この人が表紙というだけで、売上変わるんではないでしょうか!?



では、取り急ぎSixx: A.M.の新作「Modern Vintage 」より「Gotta Get It Right」です。











ロックンロールは最高です。

14.Nov.10

Smokin' In The Boys Room

Motley Of The Day







今日のモトリーは1985年リリースの3rdアルバム「Theatre Of Pain 」に収録された痛快ロックンロールナンバー「Smokin' In The Boys Room」です。












まずこのストーリー仕立ての学園モノPVが最高。



登校途中に答案用紙(?)を落とした隙に野良犬に持っていかれてるジミー。
先生には「犬が持って行きました」と伝えるも信じてもらえず、お仕置き決定となる。


...畜生!自分の都合ばかり考えやがって!と、ジミーが男子トイレに入ると...。


痛快なロックンロールイントロと同時に、便所の鏡からヴィンス登場。


くだらねえ学校なんておかまいなしで、こっち側で一緒に騒ごうぜ!


...てな感じで問いかけるや否や、ジミーを鏡の向こう「あっち側(other side)」に引っ張り出し、モトリー・クルー全員のパフォーマンスがはじまるのです。



そして、クルーの演奏が終わりジミーがもとの世界に戻ると先生が目の前に。

「悪かったジミー、答案用紙は犬がくわえていたようだ」と伝えるが早いか「モトリー・クルー」という後ろ盾を手にしたジミーは先生の目の前で答案用紙をビリビリに破く。

「こっちの都合も考えろよ!」

と。

ニッキーのストライプ柄の衣装をはじめ、バンドのイメージというか、ワル感?
当時中学生だったワタクシは即死でドハマりし、憧れました。






時代何周もして、今このアルバムかなり聴いています。
最近、BLUESやOldiesを良く聴いているせいかもしれません。


純粋なアメリカのハードロックという感じですが、BLUESやロックンロールを通過したテイストがかなり気持ちいいです。










↑ジャケットも最高!マイ・ベスト・アルバムジャケットにランクインしています。





原曲は「Brownsville Station」ですが、こちらも1973年に大ヒットしたようです。

チープさがまたクール。
しかしこの曲、本家には申し訳ないですが、もはやモトリーの持ち曲と言って良いほど世間的にも定着してきました。













ちなみに、この曲(モトリー・クルーの「Smokin' In The Boys Room」)のエンディングで鳴るベースフレーズですが、ワタクシがベースを弾くもうひとつのバンド、DRUNK FUXの「Crazy Drunker」という曲のラストでリスペクトの意を込めて同じフレーズを弾いてます。




↑アルバム1曲目「Crazy Drunker」のラストのベースフレーズに注意!



チョーキングと和音が入るメロディアスなフレーズ。
これは、シンプルでイカすベースの代表フレーズと言って良いでしょう!





やっぱり、ロックンロールは最高すぎる。


14.Nov.01

Afraid

Motley Of The Day



今日のモトリーは「Afraid」です。
なぜか先日この「Afraid」という単語が会話で出てきたのでふと思い出しました。


1997年にヴィンス復帰で一致団結(!?)してリリースしたアルバム「Generation Swine」の2曲目に収録。






4弦ベースなら、1弦12フレットと2弦開放の和音の移動で成り立つベースイントロのイカした曲。簡単かつ、かっこいいベースフレーズの一例です。








PVが完全にMarilyn Mansonはいってるんですが、どっちが先だったんでしょうか(笑)

97年ですから、Marilyn Mansonは「Antichrist Superstar」で世の中をビビらせてる時期。その勢力に対抗したニッキーだったのではないかと勘ぐってしまいます(笑)。


なので、Marilyn Mansonの名曲も貼っておきます。
この曲、大好きです。



「Antichrist Superstar」もかなりの名盤です。
久しぶりに聴きたくなってきた!