17.Feb.06

「趣味:B-T」

昨夜はBUCK-TICKのライブを見になんばハッチへ。

今年で30周年を迎えるB-Tのライブはイワズモガナ!
最高すぎた!

開演直前はPIG、RCサクセション、トレント・レズナーがカヴァーする「移民の歌」等、今井さんのセレクションと思わしきSEが流れ、会場がだんだん"その気"に。

セットリストは昨年9月にリリースされたアルバム「アトム 未来派 No.9」からの曲をメインに、ここ4,5年内にリリースされたアルバムからの楽曲をまんべんなく混ぜ込む感じ。
昔のヒット曲に頼らず、常に最新の自分らで見せてくれるのがすごいところ。

ライブはスタンディングだったのだが、気がつけば俺もすっかりキッズになって前の方に行ってコブシをあげていたのでした。


「進化しながら深化し続けるB-T!」
...とは、まさに!(一時期、某CDショップでバイトしていたときに書いた店内ポップのキャッチ。笑)


貫禄ありありのすばらしいステージだった。


何度かどこかで書いたことがあるが、とにかく俺が小6(1987年)で、楽器も手にとっていなけりゃ、バンド組もうなんて思考もない子供の頃から聴き続けているバンドだけにもはや生活の一部というか、好き嫌いも比べられない存在というか、「趣味:B-T」みたいな感じ(当時は亡姉の影響でBOOWY、ラフィン・ノーズ、セックス・ピストルズ、スター・クラブ、ブラック・キャッツ、キャデラック、アナーキー、レベッカ、ハウンド・ドッグ、マドンナ等...刺激的な音楽が一気に耳に飛び込んできた。その中にBUCK-TICKも混ぜ込まれていた。聴かせてくれた亡姉に感謝)

この先もきっとずっと。
なんというか、子供の頃からの好きが今も続いていて、色褪せてないってのが良いのかもしれない。








今年に入って1月、2月と素晴らしいライブを立て続けに見れて良い充電になった。



自分はとにかく音楽が大好きだ。
無類のロック好きだ。
音楽以外の趣味がパッと見当たらない。







Got Some Attitude !!!!!!!
置かれた位置で、自分らしく。








ロックンロール勝利の日まで。